ホロウマスク錯視 – 首振り人形 –

錯視おすすめサイト 1

ホロウマスク錯視のトップイメージ

ホロウマスク錯視の原理を利用した首振り人形を紹介します。この人形を見ながら移動すると、その動きに合わて人形の首が動いて、ずっと目があっているように見えるんです。

なぜ、人形の首が勝手に動いているように見えるのでしょうか?

実はこの人形は顔の部分がヘコんでいます。

普通、顔というのは出っ張っていますよね。
このように目から入ってくる凹んだ顔の情報と、脳が過去の経験から出した凸んだ顔の情報が衝突することによって、人の動きを追いかけて、人形の首が動いているように錯覚すると言われています。

百聞は一見に如かず、下記のサイトから人形の型紙をダウンロードできまるので、よかったら実際に作って遊んでみてください。

https://www.echalk.co.uk/amusements/OpticalIllusions/SwivelHeads/SwivelHeads.html

うまく人形が首を振ってくれない場合は、手で片目を隠して人形を見てください。こうすると、凹凸を感じにくくなるので、余計に錯覚しやすくなりますよ。

ちなみに文中に突然、凹んだ顔、凸んだ顔、という文字が出てきましたが、みなさん読めましたか?『ヘコ(む)』、『ツバク(む)』と読みます。今回、凹むの反対語が、凸むという言葉を初めて知って、うれしくなって無理やり使ってみました。失礼しましたー。

- その他の錯視おすすめサイト -